チャットレディを管理する友人の話

私の友人は、チャットレディの管理をしています。どういう事かと言うと、チャットレディを雇っている事業者の彼女として管理役を任命されているそうなんです。その友人から聞いた、チャットレディの世界の話を記していきます。

そもそも私は、チャットレディというくらいなので男性とチャットをするだけのお仕事だと思っていました。だったら楽して稼げていいなと少し興味も持っていました。間違ってはいないのですが、チャットレディの職場での実情を聞いて衝撃を受けたのと、それをさも当然の様に淡々と話す友人の姿に、別世界への壁を感じてしまいました。

では、チャットレディのお仕事や現場がどんなものかを聞いたまま説明します。

まず、潜在写真があるようです。
それもそのレディ本人の自由で、目隠しをした写真や、胸を出した写真、下半身のエッチな写真など、自分を売って指名してもらうための写真をネット上に公開し、その写真を見た男性がお気に入りの子を指名して、チャットがスタートするという仕組みです。

指名が多ければ多いほど、稼げるという訳です。

そして、私が特に驚いたのが、その現場でのレディの恥じらいの無さです。
チャットからの音声通話も多いそうで、他の女の子達や管理者など同じ場所で働く人が多数いる中で、相手の要望にこたえて喘ぎ声をだしたりエッチな動作をしたり、中には体を露出して完全に自分の世界にはいっている子も少なくないそうです。

それを聞いた私は、チャットレディを完全に甘くみていたな…と、反省しました。

言わば、風俗に近いもので、恥じらいなんてあるとやっていけない職業なんだなと思いました。
それからは、そんな女の子達を平然と管理できる私の友人にも一目置いてお付き合いしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です